Peptan Blog

コラーゲンペプチドの高いバイオアベイラビリティ

Peptan-Collagen powder and pills

コラーゲンペプチドの高いバイオアベイラビリティ

11 Mar 2022

コラーゲンペプチドは、純粋なコラーゲンから抽出されます。コラーゲンペプチドは、骨や関節の健康、美肌をターゲットに、食品や飲料、栄養補助食品などに使用される機能性素材です。

コラーゲンペプチドは、純粋なコラーゲンを原料としています。コラーゲンペプチドは、骨や関節の健康 そして 美肌効果を目的とした、食品や飲料、サプリメントなどに使用される機能性素材です。 さらに、コラーゲンペプチドは、スポーツ愛好家やプロのアスリートにとっても、リカバリー(回復) を早める効果があります。 コラーゲンペプチドを摂取すると、体内の細胞の再生と成長を促進するという科学的データがあります。このような健康上のメリットの生物学的メカニズムが解明されつつあります。

この記事では、コラーゲンペプチドの健康上のメリットに関連する2つの重要な特性、「バイオアベイラビリティ(生物学的利用能)」と「生理活性」について見てみましょう。

バイオアベイラビリティ(生物学的利用能)とは? 

食品に含まれる栄養素は、まず胃の中で小さな分子に分解され、次に腸管の中で分解されます。分子の一部が十分に小さくなると、腸の壁を越えて血流に吸収されます。

ここでいう バイオアベイラビリティ とは、食品に含まれる栄養素がどれだけアクセスしやすいか、食品のマトリックスからどれだけ分解され、血液中に運ばれ、吸収されるという意味で「自由」かを意味します。

バイオアベイラビリティの高いサプリメントは、吸収効率が高く、様々な健康面のメリットをもたらします。

そのため、バイオアベイラビリティは栄養補助食品メーカーにとって非常に重要な特性です。これが低いサプリメントは、消費者にとって付加価値が非常に乏しいものとなります。

生理活性とは? 

生理活性 とは、たん白質の小さな断片である生理活性ペプチドのように、標的となる細胞や組織の生物学的機能に作用する能力を意味します。消化の際、ペプチドが生理活性を持つためには、「親」となるたん白質から放出される必要があります。ペプチドは、血液中に入ると特異な「生理活性」を発揮し、標的となる組織に作用します。

生理活性は、栄養素の有益性であると言えます。

皆さんがよく知っている栄養素(たん白質由来のペプチドやビタミンなど)は、ほとんどが生理活性を持っているかもしれません。

そのため、関節や骨の健康、美肌、スポーツによる疲労回復など、何らかの効果を謳う栄養補助食品は、実際に体内に取り込まれ、血液中で生理活性を維持し、体内の標的組織に到達することを証明する必要があります。

コラーゲンペプチド:実証されたバイオアベイラビリティと生理活性

コラーゲンペプチドの健康上のメリットはよく知られています。その有効性を示す多くの研究があります。最近の研究(2019年12月に発表)[1] では、コラーゲンペプチドがどのように、そしてなぜ効果的なのかについての理解を深めました。主な利点は、そのバイオアベイラビリティと生理活性にあります。前述したように、これらは健康にメリットをもたらすための最も重要な2つの要素です。

生物学的なメカニズムを詳しく見てみましょう:

コラーゲンペプチドは、2~20個のアミノ酸からなる短鎖のペプチドです。コラーゲンペプチドは体内に取り込まれると、重要な変化が起こります。消化酵素が、これらの鎖をより小さな断片(例:ジペプチドやトリペプチド)に分解します。この断片は体内に吸収されやすく、コラーゲンペプチドを摂取した後に血中の濃度で測定することができます。

ペプタンの経口摂取により、血中のジペプチド濃度の上昇が認められました。コラーゲンサプリメントに最も多く含まれるジペプチドは、ヒドロキシプロリン-グリシン(Hyp-Gly)とプロリン-ヒドロキシプロリン(Pro-Hyp)の2種類で、その生理活性はよく知られています [2][3] . 例えば、特定の皮膚層の細胞を刺激して、水と結合するヒアルロン酸を生成し、肌の水分量を増加させます。

結論として

世界中で、関節や骨、肌の健康をサポートする自然な方法を求める人が増えています。スポーツや激しいトレーニングを積極的に行う人が増え、スポーツリカバリー(回復)の重要性が認識されるようになってきました。これまで見てきたように、コラーゲンペプチドはそのような消費者に効果的な栄養補給手段として選ばれています。そのため、豊富な科学的な根拠に基づくコラーゲンペプチドが、これらの市場をリードしているのです。

ここをクリック して、科学的詳細をご覧ください。

参考文献:

[1] Kleinnijenhuis, A.J., 2019. Non-targeted and targeted analysis of collagen hydrolysates during the course of digestion and absorption. Anal Bioanal Chem. 2019 Dec 24. doi: 10.1007/s00216-019-02323-x.

[2] Ohara, H., et al., 2010. Collagen-derived dipeptide, proline-hydroxyproline, stimulates cell proliferation and hyaluronic acid synthesis in cultured human dermal fibroblasts. The Journal of Dermatology, 37(4), 330–338. doi: 10.1111/j.1346-8138.2010.00827.x

[3] Asai, T. T. et al., 2019. Food-Derived Collagen Peptides, Prolyl-Hydroxyproline (Pro-Hyp), and Hydroxyprolyl-Glycine (Hyp-Gly) Enhance Growth of Primary Cultured Mouse Skin Fibroblast Using Fetal Bovine Serum Free from Hydroxyprolyl Peptide. International Journal of Molecular Sciences, 21(1), 229. doi: 10.3390/ijms21010229

最近の記事

54 products have been found in your country

03 Aug 2022

#コラジェントーク第5回:ビア・ネレス、日課のペプタン、そしてトライアスリートとしての挑戦を語る

コラーゲントークの最新エピソードでは、トライアスロンチャンピオンであるビア・ネレスがアンドレア・モウラと対談し、彼女のキャリアや運動...

13 Jun 2022

関節や他のものができるまで待つ必要はありません。コラーゲンの恩恵を受けるために始めるべき問題

コラーゲンサプリメントを摂取することで得られる効果や、毎日の生活に取り入れるためのヒントを紹介するスペイン語のポッドキャストです。...

Peptan powder

11 May 2022

Rousselot社がヘント工場に豚のコラーゲン製造ラインを増設

Rousselotは、卓越したオペレーションへの強いコミットメントに支えられた生産能力の新たな拡大により、世界の食品市場および急速に成長する栄養...

3 generations listening music_12a6105157

05 Apr 2022

Rousselot® は、Vitafoods 2022 で、関節ケアのための独自のコラーゲンマトリックスに関する新しい消費者調査を実施し、インスピレーションを与える予定です。

今回の展示では、幅広い消費者層に関節ケアのソリューションを提供するために設計されたオールインワン・コラーゲンマトリックスを再紹介しま...

Peptan_collagen_ramen

23 Mar 2022

豚のコラーゲンの再発見

豚肉はコラーゲンペプチドの原料として比較的見落とされていますが、何千年も前から私たちの食生活の一部でした。そこで今回は、豚肉コラーゲ...

GAETAN

14 Mar 2022

#COLLAGENTALK, EP 3 - ガエタン・ノワレが語るルスロ社、健康・栄養部門の最新製品

2021年は、私たち全員にとって、またさまざまな意味で注目すべき年でした。...