Peptan Blog

豚のコラーゲンの再発見

Peptan_collagen_ramen

豚のコラーゲンの再発見

23 Mar 2022

豚肉はコラーゲンペプチドの原料として比較的見落とされていますが、何千年も前から私たちの食生活の一部でした。そこで今回は、豚肉コラーゲンとは何か、その歴史と、なぜ現在西洋で復活しつつあるのかを見ていきたいと思います。

豚肉は、コラーゲンペプチドの供給源として比較的見落とされています。しかし、それは何千年もの間、私たちの食卓の一部でした。そこで今回は、豚のコラーゲンとは何か、その歴史、そしてなぜ今欧米で復活しつつあるのかについて見ていきたいと思います。


コラーゲンとは?

コラーゲンは、人間を含むすべての動物に含まれるタンパク質です。基本的には、あらゆるものをつなぎ合わせ、身体に構造を与える接着剤のようなものです。コラーゲンが最も多く含まれるのは、結合組織、骨、皮膚です。 この種の未加工のコラーゲンは、一般に「ネイティブ・コラーゲン」として知られています。

天然コラーゲンとコラーゲンペプチドの比較

ネイティブコラーゲンは消化されにくい。そのため、栄養価を高めるためには、天然コラーゲンをコラーゲンペプチドに加工し、生物学的利用能を高める必要があります。この工程は「加水分解」と呼ばれ、個々のコラーゲン鎖の分子結合を分解して、体内で消化・吸収可能な小さなペプチドにします。

differences grades of collagen

豚のコラーゲンとは?

現在、豚肉は世界の肉類摂取量の36%を占める、世界で最もポピュラーな肉類の一つです。豚コラーゲンは、豚、特に骨と皮に由来しています。ですから、あなたが気づいているかどうかは別として、豚のコラーゲンは私たちの食生活にかなり不可欠なものなのです。
豚のコラーゲンという名前は聞いたことがないかもしれませんが、お菓子やゼリーなどのゲル化剤としてよく使われる「豚ゼラチン」は聞いたことがあるのではないでしょうか。これは豚のコラーゲンに由来しています。(実は、ゼリーにゼリーらしさを与えている成分の一つなのです!)。
ハムホックや豚の肩肉をシチューやスープでじっくり煮たことがある人は、冷めると液体がゼリー状になることに気づいたかもしれませんが、それは基本的にゼラチンです。

このゼラチンには豚のコラーゲンペプチドが豊富に含まれており、豚本来のコラーゲンよりも生物学的利用能が高いのです。しかし、純粋なコラーゲンペプチドと比較すると、消化率はまだ低い。

gelatin jello

歴史に刻まれた栄養素、豚のコラーゲン

考古学的な証拠によると、豚は人類史上初めて家畜化された動物のひとつで、おそらくイノシシ狩りをきっかけに発展したと考えられています。つまり、豚のコラーゲンは調理によって抽出され、消化しやすくなること、そして人類が何万年も前から豚肉を調理してきたことを考えると、豚のコラーゲンは太古の昔から私たちの食生活に溶け込んでいたと言ってよいでしょう。

私たちの祖先は、豚のコラーゲンを摂取することで、関節や骨の健康状態を最適化し、野生で生き抜くために必要な運動能力を高め、世界中で文明を築くために大きな利益を得ていました。

ブタ由来のコラーゲンはどのように進化してきたのか?

数千年にわたる生存競争の中で、人々は無駄を省くことができなかったのです。そこで私たちの祖先は、コラーゲンを多く含む豚の足や骨、軟骨などの結合組織を丸ごと使っていたのです。これらを煮込んで、栄養価の高いスープやシチューを作ったのです。コラーゲンのおかげでスープやシチューは濃厚でクリーミーになり、寒い冬の日に私たちの祖先に安らぎを与えてくれたことでしょう。

文明が発達するにつれ、人々はとろみのあるスープからコラーゲンを抽出し、食材として使用できることに気づきました。やがてこれはアスピックと呼ばれる風味豊かなゼリー状に進化し、世界中の料理で様々な素晴らしい料理が生み出されるようになったのです。ブラウン(別名ヘッドチーズ)もその一つで、ヨーロッパで生まれ、世界各地に広まった料理である。

ブラウンとは、肉(豚の頭肉)をアスピックにしたものである。それをスライスして食べることから、「ヘッドチーズ」と呼ばれるようになった。現在でも、そのバリエーションは世界中にある。例えば、ベトナムにはthịt nấu đông、ロシアにはクリスマスに人気のkholodetsがある。アスピックは、他の有名な料理にも見られる。フランスではパテ・アン・クルート、イギリスではポークパイの中に入っているゼリーです。

アスピックだけじゃない。

東アジアでは、豚肉製品は非常に人気があり、豚のコラーゲンは日常的に食されていることになります。その例をいくつか挙げてみましょう。

沖縄の人々は、豚肉をじっくりと煮込むことで、健康的なコラーゲンを摂取しています。
日本で人気のあるラーメンは、豚骨を大量に使用しているため、コラーゲンが多く含まれています。
中国では、豚足(コラーゲンを多く含む)が人気です。 
実は、イギリス人がピッグトロッターを再発見しているのです。

20世紀半ばまで、ピッグトロッターはイギリスの労働者階級の間で人気があった。しかし、豚の好ましくない部位を安く切り取ったものというイメージがあり、人気がなくなってしまった。しかし、BBCによると、英国では豚のトロッターが復活しており、豚のコラーゲンが間接的に復活していることになる。

そして、この復活劇はまだまだ続く。. .

現在、食用コラーゲン全般が非常に高く評価されています。例えば、最近流行の「ボーンブロス」。私たちの祖先のように、人々は食生活を改善し、健康的で心地よい味覚を体験する方法として、コラーゲンたっぷりのスープを楽しんでいるのです。豚足や豚骨、豚の頬肉など、手頃な食材を使って自家製スープを作ることで、コラーゲンが豊富な食材のおいしさや栄養価の高さを再認識し、欧米での豚肉コラーゲン復活に拍車をかけているのです。

豚肉は日本におけるコラーゲンペプチドの重要な供給源

日本では、特に女性の間で、コラーゲンペプチドは健康や美容に多くの効果があるとして、大きな需要があります。日本のドラッグストアでは、ドリンクタイプから粉末タイプまで、さまざまな形態のコラーゲンサプリメントが販売されています。コラーゲンペプチドの原料は、豚のコラーゲンが多い日本では一般的です。

原産地、安全性、トレーサビリティの重要性

しかし、豚のコラーゲンを購入する場合、品質、安全性、トレーサビリティの重要性はいくら強調してもしきれません。最もクリーンで、最も効果的で、最も倫理的なコラーゲンペプチドを得るためには、原料のコラーゲンが厳格な品質管理プロセスを経ている必要があります。

豚のコラーゲンを調達するのに最適な場所のひとつがEUです。これは、豚の福祉を守るための厳しい規則があるためです。この厳しい規制により、豚の飼料は粗飼料、小麦、トウモロコシ、大豆などの植物性材料で構成されていることが保証されています。

最後に、産地について主張するのは簡単なことです。しかし、それを証明することはできるのでしょうか?豚由来のコラーゲンペプチドが本当に高い基準を満たすためには、実証可能なトレーサビリティが不可欠なのです。


このビデオでは、Rousselot Ghentと新しく開設された生産ライン-コラーゲンペプチドのトップブランドであるPeptan P-をご紹介します。

Sources :
  1. https://www.medicalnewstoday.com/articles/262881.php
  2. http://www.fao.org/ag/againfo/themes/en/meat/backgr_sources.html
  3. https://www.bonappetit.com/story/what-is-gelatin
  4. https://www.dartagnan.com/history-of-pigs-andpork.html
  5. https://en.wikipedia.org/wiki/Cooking#History
  6. https://en.wikipedia.org/wiki/Aspic#History
  7. https://en.wikipedia.org/wiki/Aspic#Asia
  8. https://natashaskitchen.com/ukrainian-aspic-recipe-kholodets/
  9. https://en.wikipedia.org/wiki/Head_cheese
  10. https://fr.wikipedia.org/wiki/P%C3%A2t%C3%A9_en_cro%C3%BBte
  11. https://en.wikipedia.org/wiki/Pork_piehttps://www.seriouseats.com/2012/02/how-to-make-tonkotsu-ramen-broth-at-home-recipe.html
  12. https://www.huffpost.com/entry/okinawa-blue-zone_b_7012042?fbclid=IwAR3lGejTlwY0bFoIYjFkQfHexsOByVyKDq7-JKs_Ttx2yVO1r0HRgGFOQ6A
  13. http://foodmayhem.com/2011/04/pigs-feet-and-peanut-soup.html
  14. https://en.wikipedia.org/wiki/Pig%27s_trotters
  15. https://www.chinesefoodsrecipe.com/the-best-and-most-surprising-food-for-healthy-skin-braised-pork-feet.html
  16. http://news.bbc.co.uk/local/wiltshire/hi/people_and_places/newsid_8332000/8332186.stmhttps://nourishedkitchen.com/bone-broth/

最近の記事

54 products have been found in your country

03 Aug 2022

#コラジェントーク第5回:ビア・ネレス、日課のペプタン、そしてトライアスリートとしての挑戦を語る

コラーゲントークの最新エピソードでは、トライアスロンチャンピオンであるビア・ネレスがアンドレア・モウラと対談し、彼女のキャリアや運動...

13 Jun 2022

関節や他のものができるまで待つ必要はありません。コラーゲンの恩恵を受けるために始めるべき問題

コラーゲンサプリメントを摂取することで得られる効果や、毎日の生活に取り入れるためのヒントを紹介するスペイン語のポッドキャストです。...

Peptan powder

11 May 2022

Rousselot社がヘント工場に豚のコラーゲン製造ラインを増設

Rousselotは、卓越したオペレーションへの強いコミットメントに支えられた生産能力の新たな拡大により、世界の食品市場および急速に成長する栄養...

3 generations listening music_12a6105157

05 Apr 2022

Rousselot® は、Vitafoods 2022 で、関節ケアのための独自のコラーゲンマトリックスに関する新しい消費者調査を実施し、インスピレーションを与える予定です。

今回の展示では、幅広い消費者層に関節ケアのソリューションを提供するために設計されたオールインワン・コラーゲンマトリックスを再紹介しま...

GAETAN

14 Mar 2022

#COLLAGENTALK, EP 3 - ガエタン・ノワレが語るルスロ社、健康・栄養部門の最新製品

2021年は、私たち全員にとって、またさまざまな意味で注目すべき年でした。...

Rousselot_Papendal_Collaboration_Papendal_2021_2

11 Mar 2022

2024年パリオリンピックに向けたアスリートのサポートにペプタンが選ばれる

Darling Ingredientsの健康ブランドであり、コラーゲンベースのソリューションのグローバルリーダーであるRousselot®は、Papendalとの協力関係を継続するこ...